抜け毛予防には石けんシャンプー

商品のこと

みなさんは日頃どのようなシャンプーを使っていますか?
私は数年前までダメージケア系のシャンプーを使っていました。
しかし、美容師さんにそのダメージケア系シャンプーは髪に良くないといわれ衝撃を受けました。
そして、その際にオススメされたのが石けんシャンプーという商品でした。

石けんシャンプーってなに?

石けんシャンプーは自然物を原料として作られています。
洗浄力は非常に高いです。
小さじ1程度の液量で髪全体が泡立ちます。
はじめて使ったときは驚きました。

石けんシャンプーの最大の特徴は界面活性剤が使用されていない点です。
これが髪のダメージを減らすことに繋がり、抜け毛予防になります。

界面活性剤ってなに?

一般的なシャンプーは水(60〜70%)と界面活性剤で構成されています。

ヘアワックスをつけていた場合、お湯だけでは落とせませんよね?
界面活性剤があると、汚れと一緒に落とすことができます。
界面活性剤は汚れ落としには有効です。

頭皮に悪い石油系界面活性剤

しかし、種類によって頭皮へのダメージを与えるものがあります。
石油系界面活性剤という種類です。

石油系界面活性剤を含むシャンプーを使うと、以下の症状を招く恐れがあいます。

  • 頭皮かゆくなる。
  • 頭皮が乾燥する。
  • 頭皮が臭う。
  • 頭皮が荒れる。

シャンプーの成分表示に「ラウレス…」と記されていることがあります。
その記載がある商品は避けたほうが良いです。

頭皮への刺激が強いのが特徴です。
抜け毛予防をしたいと考えているのなら、絶対に避けたほうが良いです。



石けんシャンプー後は必ずリンス

石けんシャンプーを使い始めたときは髪がきしみます。
個人差がありますが、私は1ヶ月程度できしみが無くなりました。

石けんシャンプーはアルカリ性です。
髪の毛に入ると膨らみ、栄養分が外に放出されてしまいます。
髪の油分が乳化してしまうともいわれます。
その影響できしみが生じてしまいます。

この状態を中和できるのが酸性リンスです。
酸性リンスを使えば、髪の毛が膨らみを抑え、栄養分が放出されるのを防ぎます。
石けんシャンプーと酸性リンスはセットで使用するようにしましょう。


今回は日頃使っている石けんシャンプーについて書いてみました。
知り合いの美容師さんから薦められて使い始めましたが、たしかに髪質が良くなりました。
広告で「ダメージケア」と謳っている商品は基本的に髪や頭皮に良くないという話が印象的でした。
髪や頭皮のケアをキチンとしたい方にオススメの商品です。