「La Riorune」Amazonで安い紳士用ベルトを買ったら高品質だった。

商品のこと

普段は私服通勤をしているNashです。
たまに紳士用スーツで外勤する機会があるのですが、ベルトを無くしました。

Nash
あれ〜ここにあったんだけどな〜
とか言って、大体すぐに見つかるのに今回は見つからず…
仕方ないので、Amazonで安めのベルトを購入しました。

たまに着るスーツ用だからテキトーなので良いか
この時の心境です。

届いたのは化粧箱入りのベルト

数日後、Amazonから届きました。
まずビックリ!なんとまぁ上等な箱に入っていました。
金箔で「La Riorune」と記されています。


1,000円程度のベルトにこんな化粧箱が付いてくるとは!と初見で衝撃を受けます。
そして、箱をスライドさせると…

メチャクチャしっかり梱包されている!
ベルト全体がビニルに包まれていて、バックルは厳重に守られていました。


このパッケージに正直感動しました。
商品の梱包は高品質の指標だと感じているためです。
いまの時代、パッケージも商品の一部です。

実物から醸し出てきた高品質感

保護材を取り除き、見えてきたベルト。
紛れもなく牛本革でした。


今回はキャメル色を購入したのですが、表面の質感が良いです。
そして側面にはコバ磨きが施されています。
1,000円程度の革製品の側面なんて、ヤスリがけされた程度かな?と思ってました。
キチンとコバ磨きがされており、カッコよさが跳ね上がってました。

少し離れてベルトだけ見てみしたが…
やっぱカッコいい。私には十分すぎる品です。

ベルト穴の調節は少し大変

使ってみると、穴の位置が合っていません。
ガリガリの私はベルトの穴位置を調節する必要があります。
バックルのネジをマイナスドライバで回して外します。


ベルトを取り外し、余分な長さを切ります。


そして、バックルにハメるために穴を開けるのですが、結構大変でした。
ポンチが付属しており、位置を決めてハンマーで叩きます。
ガン!ガン!ガン!…結構叩きました。


穴は貫通しませんでした(´・ω・`)

最終的に電動ドライバを使い一発で開けちゃいました。
最初からこうすれば良かった。


本当に通販社会になって、田舎者の自分は救われています笑
安くて高品質で色合いも素敵!今回の買い物は当たりでしたね^_^
にしても失くしたベルトはどこへやら。Nashでした。