子どもはいつの間にかいなくなる!?安全のための迷子ひも

商品のこと

ちょっと目を離すといつの間にかいなくなる。
子どもってそんな生き物ですよね。

1才を過ぎれば、家中を駆け回ります。
外に出ればヨタヨタしながらも色んなモノに興味を奪われます。
スーパーに行けば勝手に商品をつかんでは投げたり開けるかもしれません。
親としては一緒に出かけることが楽しいときもありますが、ハラハラすることが多いです。

そんなときには「迷子ひも」がオススメです。

幼い子どもと連れ立って外出するときに、子どもが急に路上に飛び出して事故に遭遇したり、迷子になったりしてしまうことの監視の漏れを防ぐために、自分(多くの場合は「親」)が紐の片端を常に手にして、先端側は子どもの体や衣服に結びつけておいて使用する道具のこと。

つまり迷子ひもは、子どもとあなたを繋ぐアイテムです。
今回は2種類の迷子ひもを試してみました。

リストバンドタイプ


クッション性のあるマジックテープの付いたリストバンドが2つあります。
2つのマジックテープがスプリングで繋がっているという商品です。
親側が右手に装着したら子ども側は左手に装着します。

良い点

・並んで歩きやすい。
・子どもがスプリングをおもちゃとして楽しむ。
・片手を抑制できるのでイタズラを防止しやすい。

悪い点

・子どもがリストバンドを装着するのを嫌がる。
・子どもが転びそうになったときに手を使えない。

良い点と悪い点は表裏一体です。
このリストバンドタイプを好むかは子ども次第です。

リュックタイプ


子どもにリュックを背負わせ、リュックから出るリード線を親が持つ商品です。

良い点

・子どもが両手を使える。
・リュックなので少し荷物が入る。

悪い点

・リュックにリード線が繋がっているため、子どもが前・大人が後ろになりやすい。
・引っ張る力が強いと子どもが後ろに転倒する。

リュックなので少しですが荷物が入ります。
両手が使えるので子どもが自然体でいることができます。
ただ、子どもによって背負うのを嫌がる子もいるようです。

オススメはリュックタイプ

どちらの商品にも良い点と悪い点があります。
そして、どちらの商品も子どもの安全を守るという共通のコンセプトがあります。

今回、商品を比較した際に「リュックタイプ」の方が息子に合っていると感じました。
両手が使うことができるというポイントが大きいです。
リストバンドをしている子どもはドコか動きにくそうでした。
リストバンドをすることでストレスを感じさせているような気がしてしまいました。

普段、手を繋いで歩く習慣のある子には「リストバンドタイプ」が良いと思います。
不意に手から離れてしまっても予防策として繋いでおければ安心です。