Kindleで読書ライフ。電子書籍と紙の本との使い分け。

ホビーなもの

電子書籍で読書をするのが当たり前になりました。
Nashです。
そんな私は「Kindle Paperwhite」で読書をしています。

軽いし持ちやすい。
寝る前の読書の相棒です。

iPad miniも所有していますが、活字を読むのは断然Kindleです。
(※本記事内の「Kindle」は「Kindle Paperwhite」をことを指します。)

今回はKindleで送る読書ライフについて書いていこうと思います。

タブレットよりもKindleを薦めるワケ

灯りを落とした部屋、読書灯なしで書籍を読める。
これが電子書籍の利点のひとつです。
そんな電子書籍ですが、スマホやタブレットで読むと目が疲れやすいです。
それは、スマホからブルーライトが発せられているから…
とても有名な話です。
光がスマホから人の目に対して向かうため、使用後は目の疲労感が残ります。

対して、Kindleはフロントライト方式を採用しています。
フロントライトは画面手前から画面奥に光を出す方式。
画面を明るく照らし、人の目に光が向かわない。
そのため、目が疲れない。
寝る前の読書にはもってこいの仕様です。

事実、私は寝る前にずっとスマホをイジっていた頃は寝覚めが悪かったです。
Kindleで本を読むようにしてからは不思議と目の疲労感が残っておらず、パチっと目が開きます。

電子書籍と紙の本

私は電子書籍のすべてが良いとは思っていません。
まだまだ紙の本が向いている場面があります。
実際にどのように使い分けをしているかを記述していきます。

雑誌

雑誌の目的は暇つぶし。または簡単な情報収集です。
パラパラとめくることが楽しい。
広告などを含めたビジュアルも迫力のある紙の本に軍配を上げます。
繰り返し読むというよりも眺めるという役割が大きい。
気軽に買えて、気軽に捨てられる。
そういった意味をふまえて、紙の本を選択します。

参考書、参考資料

カメラやインテリアに関する参考書を買うことがあります。
これは紙の方がいい。
辞書を使う時に知らない言葉に出会うように、目的の項目を探す最中に知らない事柄を知る機会となる。
「読書」という行為の大きな利点だと言えます。
パラパラとめくることで無意識に目に留まる情報が貴重です。
またマーキングや付箋づけることが記憶を定着させる銘記、記憶を思い出す想起のキッカケになります。

小説

私は一度読んだらもう読みません。
新書タイプの本は、インテリアのアイテムとして活かせるか?考えることはあります。
文庫版であれば迷わず電子書籍を選択します。
紙の本のメリットとして売却できるということがありますが、二束三文にしかなりません。
小説はセールになる機会が多いということもあり、電子書籍で読みます。

自己啓発書、ビジネス書

基本的に繰り返し読む前提で購入します。
なにか人生で悩みを持った時に、紙の本でパッと項目を見直したい。
ただし、ハードカバーで重い本も多々あります。
持ち運ぶという点を考慮すると電子書籍にも気が向きやすいです。
また、自己啓発書もセールになりやすい傾向があるため、読んでみるキッカケになりやすいです。
やっぱり紙の本が欲しいとなった時は、中古の紙の本を買うこともあります。
これはケースバイケースです。

マンガ

基本的に紙の本を支持します。
個人的にマンガの背表紙が棚に並んでいくことに喜びを感じます。
ただし、家に置きたくないジャンル(子どもに見せたくないエログロ描写の強いもの)は電子書籍を選択します。
電子書籍の弱点として、マンガの見開きが見れないという点があります。

せっかくの作画の魅力が半減してしまいます。


今回、紙の本と電子書籍との付き合い方を書きました。
私は「小説はKindle」というスタイルです。

これから電子書籍が増えていくのは確かです。
しかし、読書に必要なのは視覚だけではありません。
私は読書の最中に「触覚」も活かしていると考えています。

例えば「前に読んだ目的の情報を書籍から探す。」という行為。
これは電子書籍だと煩わしさを感じることがあります。
Kindleにもマーキング機能はありますが、反応が悪く直感的ではありません。
何度も選び直して、ようやく線が引けます。

また過去に読んだものを見返したくなった時に調べやすいのは紙の本だと思います。
アナログで付箋をつけて、マークをする。
これが勉強という意味でも大切だと考えます。

今夜も子どもが寝て光を点けられない空間でKindleを楽しんで眠りにつきます。