アイリスオーヤマオーブントースターが文句なしの製品だった件!コストは1万円以下![SOT-012]

商品のこと

これまで我が家にはオーブントースターがありませんでした。
パンを食べないわけではありません。
ビストロというオーブンレンジがあるので、そちらを活用していました。
ただビストロの仕様としてオーブンと使用した直後は、自動モード(適温に自動で温めてくれる機能)が使えなくなります。
これが急いで夕飯の支度をしたい時に大変不便です。
なので、そろそろトースターが欲しいなと思いました。
それにオーブンレンジだとパンを片面ずつしか焼けません。
結構これが面倒なんです。

トースターの条件
  • 1万円以内で買えること
  • デザインがインテリアに調和すること
  • 1回で両面が焼けること
  • 4枚焼きができること
  • スチーム機能があること(必須ではない)
さて、買うとなってイロイロと調べました。
定番商品でいうと「バルミューダ」「アラジン」でしょう。

バルミューダのトースター

バルミューダの価格は2万円を超えています。
文句なしの評判で誰もが欲しがるトースターです。
でも、知っていましたが高い。候補外です。

アラジンのトースター

アラジンのトースターには[2枚焼タイプ][4枚焼タイプ]があります。
目的の[4枚焼タイプ]は1万5千円でした。
予算は超えていますが、頑張れば買える金額でした。
ですが熟考した結果、ラウンドフォルムが我が家のインテリアには合わないんじゃないか…という答えになりました。

sirocaのトースター

この2つ以外で探すことになりました。
最近、テレビで「siroca」というメーカーが取り上げられていました。
番組内でトーストが美味い!と出演者が話しておりデザインも良かったです。
Amazonで確認すると、価格は8千円程度!
これはアリなんじゃないか?と思いました。
しかし、色んなサイトでレビューをみるとマイナスコメントが目立ちました。

購入者1
すぐ壊れた
購入者2
片面しか焼けない
もちろんプラスコメントもありましたが、マイナスコメントの中にこんなものがありました。
購入者3
故障してメーカーに問い合わせたら対応が酷かった
壊れた際のアフターサポートが悪い。
今の時代、サービスも品質に含まれます。
検討しましたが却下としました。

アイリスオーヤマのオーブントースター

世の中にイロイロな商品があるとはいえ、なかなかピンとくるものがありません。
3日くらい夫婦でネットサーフィンをしていると条件に合ったものが見つかりました。
それがアイリスオーヤマのオーブントースター[SOT-012でした。

まず価格ですが¥7,650です。
想定よりも安めで済みました。

次にデザインです。
個人的にはシンプルでとても良いと思いました。
無駄が削ぎ落とされており、インテリアに調和してくれます。

隣にいるビストロと兄弟のよう

食パンは同時に4枚置くことができます。

広々とした庫内

食パンを4枚置いてみた

ヒーターが上下に2本ずつ付いているので両面焼きができます。

下側に2本のヒーター




スチーム機能ですが、アイリスオーヤマはトレー方式を採用しています。
水を入れたトレーを庫内に置いてやくだけ。とてもシンプルです。

トレーに水を入れて置くだけ

バルミューダは機械に直接水を注ぐ方式なので、アイリスオーヤマ式の方が衛生的で好きです。

バルミューダ製は機械に直接水を注ぐ方式


実際にトーストを食してみた

さて、アイリスオーヤマ製トースター実際に焼いてみると、やっぱりオーブンレンジよりも使い勝手が良い!
食感もカリッとしていて、なおかつ中はしっとりとしている。

トースト表面(1200W 2分)

トースト裏面(1200W 2分)

トースターで新しい体験をすることができました。
とっても満足度の高い買い物となりました。
もし、シンプルなデザインのトースターを探している人がいたらオススメです。