2歳児に英語力を絶対に付けさせたい人にオススメのしゃべるイーオン知育絵本

商品のこと

ずっと興味のあった英語の知育絵本を購入しました。

ペンがしゃべって英語力が身につく。不思議な魅力がありますね。
実際に使ってみてクオリティが高く、非常に満足度の高いものでした。
「はじめてのえいごレッスンえほん イーオンこども英会話監修」をご紹介します。

イーオン英会話教室監修が心強い!

これが商品の信頼性がとても高いと理由です。
長年英会話教室で培われたノウハウが絵本に取り入れられています。
子どもが興味を抱きやすい単語や会話表現がふんだんに盛り込まれています。

主な言語表示は英語

絵本の中に使われているのは主に英語です。
日本語はふりがな程度なのがとても良い。
日本語が小さいため、意識を英語に集中できる。

日本語は生活を送る中で自然に身につけることが可能です。
しかし、カタカナ英語があふれている環境で正しいイントネーションの英語を身につけるには努力が必要になります。

自分から英語を求めるようになる

英語がキチンと話せない大人の発音は日本語テイスト(カタカナ英語)の英語になってしまう。
この絵本は子どもに本当の発音を身につけるのにとても良いです。
子ども自身がペンを持ってイラストをタッチする姿をみると嬉しくなります。

その際に私は隣に座ってペンの後に発声するようにしています。
そうすることで勉強というよりも遊び間隔で絵本に触れてくれるようになります。

頑丈なボードブックの絵本

絵本はボードブックです。

カバーもページも全て固い厚紙です。
使っていると頻繁にページをめくることになります。
長い期間使うことを考えるとハードタイプで安心です。
高品質。背の部分も頑丈です。

握りやすいしゃべるペン

タッチ範囲が広いです。

そのため小さな子でも押しやすい仕様だと感じます。

最初はペンの持ち方から教えました。
頭の部分にスピーカーがあるのですが、そこを握ってしまっていたので修正しました。
約1分間なにもタッチしないとペンの電源が切れます。
なので頻繁に電池切れなんてことはないでしょう。
電源が自動で切れる際に「See you!(またね)」と鳴るのが嬉しい配慮です。
使いたての時は勝手に電源が切れて子どもが困った様子でした。
しかし、私が2・3回スイッチの入れ直すところを見せたら子ども自身で再起動できるようになりました。



覚えるのは問題が一番!クイズモード!

絵本の各ページにはクイズモードが搭載されています。
ペンでタッチすると「赤色はどれでしょう?」「ブタはどれでしょう?」
と英語で問題が出題されます。

もちろん最初は子どもはわかりません。
なので大人が「これがpinkだね」とエスコートしながら進めると習得が早くなります。
大人も一緒に楽しむことが大切です。
実際やっていると私も楽しくなってしまいます。
これ大人向けは出ないんかな…
なんて考えてしまった瞬間もありました。

高めの価格 プレゼントにふさわしいクオリティ

今回購入した際の価格は¥5,225です。
結構高めの商品です。
私も買うのを一週間くらい悩みました。
対象年齢が1才〜6才なので買うなら早いうちが良いな!思いました。
息子が2才半ですが、タイミングとしてはバッチリでした。
ちょうど言葉を少しずつ発しだす時期だったので英語の発声が良くなることが期待できます。
誕生日やクリスマスプレゼントにオススメです。


ちなみに下の商品は1才のときに買った英語絵本です。
また「あ」「う」も発せない時期から一緒に読んでいました。
こちらは日本語が大きく価格も手頃なので英語に触れさせるキッカケには良いです。

1才の英語教育にオススメ!大人も一緒にお勉強「こどもずかん」で名前を覚えよう!