UNISON SQUARE GARDEN 「One roll,One romance/2018.1.28 幕張メッセ」に行ってきた!

音楽のこと
久々に音楽ライブに行ってきました!
普段、子育てを頑張ってくれてる妻と一緒に参戦でした。
UNISON SQUARE GARDEN 「One roll,One romance/2018.1.28 幕張メッセ」
もう午前中から移動していたので足が棒です。
ちょっくら走り書きでレポします。
USGはグッズ販売はネットでやっているので、物販の混み具合は予想より少なかったです。
フォトパネルには、記念撮影に並ぶ人が結構いましたね。
 
公演祝いの花束が飾ってありましたが、目にしたことのあるメディアからのものが多く、Lisa(Catch the momentを田淵智也が作曲した縁)や東京スカパラダイスオーケストラ(斎藤宏介がコラボした縁)からも届いていました。
自分のエリアはGグループだったのでアーティストと近い位置になりました。
開場前に外で1時間以上待ちました。
気温は低かったですが、風がほとんどなかったのが救われました。

今回のセットリスト

  1. サンポサキマイライフ
  2. 徹頭徹尾夜な夜なドライブ
  3. kid, I like quartet
  4. MR.アンディ
  5. シューゲイザースピーカー
  6. リニアブルーを聴きながら
  7. fake town baby
  8. クロスハート1号線(advantage in a long time)
  9. flat song
  10. ノンフィクションコンパス
  11. メカトル時空探検隊
  12. パンデミックサドンデス
  13. 僕らのその先
  14. Silent Libre Mirage
  15. 10% roll, 10% romance
  16. 誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
  17. シュガーソングとビターステップ
  18. 23:25
  19. Invisible Sensation
  20. RUNNERS HIGH reprise
  21. シャンデリア・ワルツ

パンデミックサドンデスは嬉しかった!

シューゲイザースピーカーの次は桜のあとか!?と思ったらリニアブルーだった。

でも好きだから良かった。

スプラトゥーンおじさん

鈴木貴雄がスプラトゥーン2(Nintendo Switch用ゲーム)にハマっている。
楽屋でもずっとやる程ハマっていた。
実はライブの日は、幕張メッセの9・10・11ホールで「次世代ワールドホビーフェア’18 Winter」が開催されていた。(USGは1・2・3ホール)
その会場で「スプラトゥーン2」の小学生予選大会が催されており、鈴木はカジリ付く様にニコ生配信動画をスマホで観ていた。
斎藤からは「さすがにツアーファイナルで緊張して、演奏動画でもみているのかと思ったらスプラトゥーンだった。でも小学生からも学ぶ姿勢が良い。」と賞賛された。
次の瞬間、ステージ上部のディスプレイには鈴木の哀愁漂う背中が映され、ボトル水を口にした時に会場が笑いに包まれた。

普段やらない曲

「今回はシングル曲のツアーとなっている。なので普段やらない曲をやってみる。」と斎藤は言った。
歓喜に包まれたい会場。自分もなんてレアな瞬間に立ち会えたんだ!幸せ!と興奮。
シングルのカップリングである「クロスハート1号線」と「ノンフィクションコンパス」が演奏され、貴重な時間に感じた。
終演間近に斎藤が言った。
「実はさっき普段やらない曲をやると言ったけど、このセリフもう24回言ってる。」
貴重ではなかった。

幕張メッセについて

普段、彼らはライブハウスやホールでの演奏が中心となっている。
そのため、幕張メッセでワンマンをやるのは初めてだった。
斎藤は言った。
「嬉しいような悲しいような自分たちのライブに来たい人が増えている。
田淵は売れたくねぇと普段言っている。自分たちはすごく楽しかった。」
広い会場でステージの近くにいれて優越感はありましたが、やっぱ席欲しいな…と個人的に思ったりしてました。(コレは本当にただの個人的意見)
普段はホールでやっている時に参戦してたから、余計にこう思ったんでしょうね。
BUMP OF CHICKENのときもオールスタンディングはキツいので席派です。
アンコール前には足が棒でしたので…

禁句?

冒頭では斎藤さんが会場のキャパに興奮していたようだった。
奥のオーディエンスが見えないことを話しており「人がまるでゴミのようだ!」と言いそうで言わなかった。
「あのジブリ映画の…セリフ…なんだっけ…帰ったら観てみます。」と言ってはぐらかした。
瞬時に「あ、ゴミとか言ったら炎上するかな?」的な事が脳裏をよぎったのだろうか。
そんな冷静な地頭と常識的な思考を持つ斎藤さんが好き。
ライブ中に「乾燥してるんで風邪とか気をつけて」優しさを見せる一面があった。

以上、走り書きレポでした。

若干内容が異なっているかもしれませんが、大体こんな感じです。
Nashでした。