割れたホイールカバーを自分で交換してみたよ!

商品のこと

自動車を持つとイロイロとお金が掛かりますね。
長年乗っていると故障するところも出てきます。
先日、車のタイヤを見るとあることに気づきました。

Nash
あ!タイヤのカバーが割れている!


このカバーは「ホイールカバー(キャップ)」と呼ばれます。

ホイールカバー交換は整備工場に頼むと高い!

あぁ何か割れていると良くないなぁと思い、カーコンビニ倶楽部に行きました。
気軽な気持ちでチョチョっと直してくださいと頼むと…

カーコンビニ倶楽部
1枚 8,000円ですねー
高い!4枚で32,000円じゃん!なんか金属部品っぽいし…そのくらいしちゃうのかなぁ(´・ω・`)
と思っていました。
しかし、よくよく調べると衝撃の事実が分かりました。
ホイールカバーはプラスチック製(ABS樹脂)です。

金属なら8,000円するのも目を瞑るけど、プラスチックにこのお金は出せない!
そう思い、イエローハットに行くと…4枚セットで4,000円でした(゜o゜)
いやいや、こんなに安いんかい!嬉しいけどびっくりしました。
じゃあもうAmazonでいいや!と思ってコチラを購入しました。

Amazonでポチった商品!
特にデザイン性などは求めていませんでしたが十分カッコいいと思いました。
タイヤに取り付ければいいという考えです。

ホイールカバーの準備

届いた商品がコチラです。

中にはプラスチックの円盤4枚とワイヤー4本が入っています。


このワイヤーを円盤の内側に取り付けます。
円盤のツメに穴が空いているのでワイヤーの両端を差し込みます。


差し込むとこんな感じですね。

ワイヤーが円盤のツメの外側に出ているので、内側に入れていきます。


全箇所やるとこんな感じです。

これでホイールカバーの準備は完了です。



ホイールカバーの外し方

ホイールカバーの外し方って難しそうだなぁ…
特別な工具がいるのかな?と思いましたが、一切そんなことはありません。
軍手を付けて、引っ張れば容易に取り外せました。

取り外すとホイールが露出した状態になります。

ホイールカバー取り付け方

さて、最後に準備した新品のホイールカバーを取り付けます。
手のひらを使って、ホイールにカバーのツメを押し込んでいきます。

慣れていないと少しハマりにくいですが、順番に一周おこなえば少しずつハマっていきます。
そして、完了した状態がコチラです。

無事に交換が完了できました!やってみると簡単でした。
世の中、こういうことが結構多いのかなぁと感じました。
もし、自分でホイールカバーを変えてみたいと考えている方の参考になれば幸いです。
ブログを読んで頂き、感謝感謝のNashでした。