写真プリンタ「SELPHY」を子育て家庭で使ってほしいワケ

商品のこと

今日も生後10ヶ月の息子に翻弄されてます。Nashです。

みなさん、子どもを撮った写真ってどうしていますか?
私は産まれてすぐに「SELPHY」という商品を買いました。
今回はこちらの商品についてご紹介します。

「SELPHY」ってなに?

CANONから発売されている家庭用写真プリンタです。
一般的な家庭用複合機と違い、写真印刷の質が高いのが特徴です。
「昇華型熱転写方式」という技術を採用しており、インクを空気化してプリントするのでツブツブのない写真に仕上がります。
家庭用複合機だとツブツブが見えてしまうことがあります。
「SELPHY」ならば美しい写真を印刷できるんです。

引用元:CANON HP

 


「SELPHY」を子育てファミリーにオススメするワケ

子育てするなかで「SELPHY」を買っておいて良かったなぁと思います。
いくつか理由をピックアップします。

赤ちゃんを連れて出かけられない

初めての赤ちゃんが産まれる方に伝えたい。
1ヶ月くらいは外出はできません。(3ヶ月は外に出せないという方もいました。)
基本的にやむを得ない用事のとき以外は家にいるのが無難です。
弱い紫外線でも赤ちゃんには有害です。
写真屋やコンビニに印刷のために外出なんてことは難しいと思います。

スマホのデータは不安定

突然の故障

これが怖いです。
バックアップができている人は良いですが、たまにやっているという人も多いと思います。
(クラウドに保管?なにそれ?っていう人もチラホラ)
故障すると、産まれてから取ってきた写真がパーになってしまいます。

スマホの中にはインスタグラムにアップしていない大事な写真もあるはずです。
そんな写真も「SELPHY」があれば、すぐに印刷して保管できる。
とても重要な対策だと私は思います。

観たい写真がみつからない

スマホの写真は意外と見ないです。
撮るときは楽しいです。我が子の新しい一面を写真におさめたい!
…大半の人がココで熱が冷めるんです。撮っておしまい。

撮りだめしたスマホのデータの中から観たい写真を探すのは大変です。
ゆっくりスクロールしながら探していたのに、途中から画面を弾いて探して見逃した。
なんてこともあってストレスがたまります。
やはり整理整頓をするには、印刷してアルバムに入れるということが基本だと思います。
それに将来、我が子に見せてあげるためにもアルバムを作りたいですしね。
もしスマホに詳しくない人がiPhoneからAndroidに変える際に写真を移し忘れてしまうかもしれない。
こんな状況に陥る人も想定できます。

撮ったらスグに祖父母に配れる

これはスゴく大きなメリットです。
赤ちゃんを見にきたおじいちゃんとおばあちゃん。
たくさんカワイがってくれることでしょう。
そして、一緒に写真を撮ることでしょう。
…で、どうするんですか?

Nash
今度印刷して郵送します。
なんとなくスマートじゃないと思います。
それにスッカリ忘れることだってあります。
印刷するために出かけるのが、めんどくさいって気持ちも芽生えるかも。

もし帰り際に、その日の写真を渡すことができたら大喜びしてもらえます。
大事に挟んで、帰り道に眺めてくれるかもしれません。
孫への愛情がふくらむことでしょう。

家庭用プリンタなのに保存に強い

「SELPHY」は印刷工程が4回あります。
[黄(イエロー)]→[赤(マゼンタ)]→[青(シアン)]→[オーバーコート加工]となります。

最後の「オーバーコート加工」というものが重要です。
この加工が施されることによって、光沢のある仕上がりになり、水や汚れに強くなるのです。
家庭用写真プリンタでココまでできるのは驚きです。

引用元:CANON HP


ここまで「SELPHY」ついてのまとめです。

これから子どもの写真を撮っていく人も多いと思います。
大切な写真。二度と訪れない瞬間を収めた写真。
そんな作品を失わないためにも「SELPHY」はオススメです。
Nashでした。