デスクワーカーは積極的に日光浴してほしい。

日常のこと

最近、iMacの動作がモサついてきました。

おいおい、Word起動で止まるってなんやねん。

こんにちは、Nashです。

 

「デスクワーカーは引きこもりである。」

…改めて言いましたが、当たり前っちゃ当たり前ですね。

引きこもりってどういうことでしょうか?

外に出ない…つまり、日光に当たらない生活を送るわけです。

 

たまーに陽の光を浴びたくないっていう人に出会うことがあります。

日に焼けたくないって人もいれば、理由なく日光を嫌いって人もいました。(今おもえば彼は中二病だったかも…)

そんな人は「元気がない」「覇気がない」「否定的」と言ったネガティブな印象を持つことが多いです。

でそりゃそうなるわって思うんです。だって鬱へのレールに自ら乗っているんですもの。

 

セロトニンという言葉を知っていますか?

セロトニンは脳内物質です。コレがあると人にとって良いことだらけ。

  • リラックスな平穏状態になれる。(ネガティブから抜けられる。)
  • 姿勢が整う。
  • スッキリとした思考になれる。
  • 痛みを調節してくれる。(自前の鎮静剤といわれる。)

こんな素晴らしい物質なので、幸せホルモンと称されています。

シンプルに考えると、人はセロトニンがあれば幸せな人生を送りやすくなる。

セロトニンがないと幸せになれない。ということがいえます。

 

じゃあ!ドバドバとケチャップのようにセロトニン出したいわ!ってなります。

セロトニンを出す方法を見てみましょ!

日光浴をする。

できるだけ、朝に陽の光を目にしましょう。(日光を直接見てはいけませんよ。)

屋外で30分ほど陽の光を浴びることをができれば、セロトニンが分泌されます。

雨の日は1時間程度外に出ていれば同等の効果があるとされています。

トリプトファンが多い食品を食べる。

  • 大豆食品を摂取する。(豆腐、納豆、味噌など)
  • 乳製品を摂取する。(チーズ、ヨーグルトなど)
  • バナナを摂取する。(炭水化物、ビタミンB6が豊富)

バナナ、チーズはとても気軽に食べられるので朝に一口たべるといいですね。

身体を動かす。

一定のリズムで身体を動かすことができるものが良いです。

  • ウォーキング
  • 自転車
  • スクワット

球技やダンスなど激しい運動ではセロトニンは分泌されにくいです。

経験上、前向きな気持になれることは知っています。

ですがそれはセロトニンではありませんアドレナリンです。

丹田呼吸をする。

デスクワーク中にイスの上でも出来ます。

  1. 丹田に意識を集中します。(臍から5cm程度下にある箇所)
  2. スーッと ゆっくりと鼻から空気を吸い込みます。(5〜10秒程度)
  3. プシューッと ゆっくりと口から空気を吐き出します。(5〜10秒程度)
  4. これを10回程度繰り返す。(疲れないくらいでいいです。)

 

特に冬は季節的に日光が少ないためか鬱病を発症する人が増えます。

上記のことを意識して生活できれば、元気なデスクワーカーになれるかもしれません。

 

私、北欧が大好きなんですけど日照時間の短さが影響し、鬱病になる人が多いです。

そのため自殺率も高くなっているそうです。

そのくらい、人間が前向きに生きるためには陽の光に当たることが大切なんです。

健康的なご飯を食べるのと同じくらい、日光浴をしてください。

Nashでした。