イライラしたら愚痴を吐きましょう!という考え方

日常のこと

この記事は気持ちがイライラしている人に読んで頂きたい。

愚痴を吐くってどんなイメージがありますか?

ネガティブな行動で聖人君子のような人は絶対にやらないという考えをお持ちでしょうか?

愚痴を吐くということは心から毒を出すということにもなります。

今回は、あえて愚痴を吐くということをポジティブな行動と捉えたいと考えてみます。

なぜ人はイライラするの?

なぜ人はイライラしてしまうのでしょうか?
腹式呼吸をして心を整えていても、瞬間的に怒りの感情が出ることがあります。
怒りを抱いた時、人はどんなことを思っているのか。
それは「裏切られた」という気持ちです。
つまり、相手に対して「期待」をしている状況ということです。
シンプルな話、期待をしなければイライラすることは無くなります。

思い返してみると無駄な期待を結構していることに気づきます。
「なんで報告書を作っといてくれないの!?」って思うことありませんか?
「なんで早くゴハン食べないの!?」って言ってしまうことないですか?
これは自分が相手に勝手に期待して裏切られた結果ですね。

本来は相手が今まで率先してやってくれていた行動に感謝をすべきところです。
初めは感謝していた行動も、やがて当たり前となって相手が自動的にやるものと捉えてしまった。
イライラは自分勝手な期待から発生します。

イライラするな!は無理

ここで「イライラなんかしちゃいけない!」と反省したとしましょう。
無理です。時間が経過し、なにかのキッカケでイライラはします。
もちろん日々瞑想し、自分自身を見つ続け、一定の心の落ち着きを保ちつづけることができる人もいるでしょう。
それは「余裕」を安定して確保できている人です。
様々な思考と感情が混ざっている状態で社会の波に揉まれると、やはりドコかのタイミングでイライラは出てくるでしょう。

そんな時は、イライラしていいんです。
一旦、イライラしている自分を受け入れてください。
断っておきますが、相手に対して攻撃的な言動や行為をするのは言うまでもなく駄目です。

「キリンのことを考えるな」と言われるとキリンが頭に浮かんできてしまうように。
「イライラしちゃいけない!」と考えるとストレスになってしまいます。
だから考え方をシフトしましょう。
「場合によってはイライラしようよ。人間なんだしさ。」
こう考えると、スゴく気持ちが軽くなります。
自分のことを受け入れると気持ちが軽くなるんです。

イライラってどんな時に起こる

一度立ち止まって考えます。
イライラってどんな時に起きちゃうんでしょうか?
上にも記したように自分の思い通りにならない時に湧いてしまうんでしょうね。

もうひとつイライラが起きる大きな要因があります。
物事に対して受け身でいる時です。
コレは案外ありがちだと思います。
相手任せにして、自分思い通りにならずにイライラ…
これ、文章にすると明らかに自分が悪いってことが分かりますね笑

解決方法はシンプルです。
好奇心を持つことです。
主体性を持つ!っていうのは人によって難しいかもしれませんね。
でも、物事に興味を持つというのはそれほど難しいことではないんです。

例えば相手の行動に疑問を抱いたとします。
「どうして、そんなことをするんだろう?」とクエッションマークを頭に表示する。
あらゆる物事において言えることがあります。
考え方をシフトすると視点が分かり、視野が広がり、物事の捉え方が変わります。


図星のことを言われてムカついてしまう

人に注意されてイライラしてしまうことがあります。
基本的に「図星」のことを言われると怒りが湧いてきます。
コンプレックスに感じていることを言われても腹が立つかもしれませんね。

そこは自分で自分を責めているポイントです。
なんで要領が悪いのだろう?なんでこんなに朝に弱いのだろう?
こういった自分を責めていることは受け入れてあげましょう!
私もたくさん自分に対して許せないことがあります。
ですが、そこは素直に受け入れるべきです。

何度も何度も自分を責め続けるのは無駄です。本当に無駄でしかないです。
そこからポジティブに繋がることはないでしょう。

しっかりと受け入れ、成長するキッカケに繋げる。
客観的に自分自身を見つめると…
「なんでこんなに私は怒っていたのだろうか…」
と冷静な思考を持つことができます。

自虐ネタを言う人の心理

コミュニケーションの手法として「自虐」があります。
これは自分を価値を低く提示することで相手に安心感を与えることができます。
もしかしたら、この手法をうまく使えば円滑に話が進むかもしれません。
しかし、基本的に自虐的な人は相手に「そんなことないよ」という救いの言葉を求めている気がします。
価値を下げることはハードルを下げることでもあります。
「私、失敗しないので」なんて言葉は逆にハードルを最上にするセリフですね。

自虐的なことを言う人は、本当は認めてもらいたいという強い承認欲求を持っています。
最初はネタのつもりかもしれませんが、やがて言霊として深く心に刻まれてしまいます。
やはり、マイナス方面にしか進まない手法なので止めたほうが良いと思います。

カチンとしたときの対処

カチン!とくることは生きていればたくさんあります。
上司からも部下からもゴチャゴチャ言われる状況だとしたら、イライラしないというのはウソでしょう。
さっさとイライラしている状況を認めることが大切です。
自分を受け入れてあげましょう。

そして、その時は「竹を割ったような心を持ち、短く爽やかに愚痴る!」
イライラをさっさと外に出さないと納豆のようなネバネバしたイライラになってしまいます。
声に出してしまうのが一番ですが、それが難しいのであれば紙に書くという行為が効果的です。
多くの方々が紙に書くことで思考が整理されると言います。
私もそれはスゴく共感できます。
書いてみると案外大した内容ではなかったりもします。

もし「上司に無茶振りされてイライラしている」と紙に書いたら5回ナゼ?と質問してみてください。
大体5回やるとイライラの根本が見えてきます。
大概が日々の小さな諦めが溜まってイライラになります。
初めは許容していたけど、段々噛み砕けなくなったということもあると思います。
イライラのルーツを辿り、考え方をシフトすれば、自己成長に繋げられると思います。

愚痴が出ないのは危険

「この会社は昔からこのやり方だから変わらないよ」
「個人が頑張っても給料は上がらないだろ」
なんて愚痴はサラリーマンの半数持っているのでは?
愚痴は出しましょうね。
ひとつ悩みを持つと、二つ目、三つ目の悩みと絡まって複雑化します。
忙しい日々を生きている場合、解決されないまま何となく生きていくことになります。

小さな努力を重ねると大きな成功に繋がるように、
小さな愚痴を溜めると大きな不安となり精神と肉体が崩れてしまいます。

特に心にゴミが溜まっていたら吐き出しましょう。
愚痴は心の信号です。しっかりと愚痴を吐く自分を受け入れて楽になってください。
くれぐれも愚痴ったからと言って罪悪感は感じないようにしましょうね。