新築・リフォームでニッチができたら、芝生を敷いて動物フィギュアで遊んでみる提案

インテリアのこと
突然ですが、あなたの家に「ニッチ」はありますか?
ニッチとは、壁にある凹みのことです。
私は家づくりをするにあたって、トイレまでの通路に横長のニッチをつけました。
ニッチがあると、いろんなインテリアアイテムを置くことができて楽しいです。
ですが、なんとなくポンとオブジェを置くだけでは物足りないな…そう思ったのです。
凹んだ空間と向き合って、ふと思いました。
ニッチを草原をテーマにした空間にしたらどうか?
ドアを開いて、家の凹みに草原が広がってたら面白いよな?
そう考えたらワクワクしてきました。
その草原に動物のフィギュアを置いたら絶対に良い感になると確信しました。

レッツ草原づくり!

草原を作るわけですが、本物の草を植えるわけではありません。
模型用の芝生を使います。


模型用の芝生はペラペラなので置くだけではズレてしまいます。
そこでコルクシートを準備しました。

コルクシートの上に芝生を貼り付けて、ペラペラ感を無くします。

するとコルクシートが芝の下の大地に見えてカッコいいです。
ベストマッチな組み合わせでした。

草原には動物が住ませよう

さてニッチに草原が茂りました。
この状態でも面白いのです。
早速、生い茂る草原に動物を置いていこうと思います。
まず「シュライヒ」の動物フィギュアを置くことにしました。
シュライヒとは?
1935年に設立されたシュライヒは、ドイツ有数のおもちゃメーカーであり、世界的に有名なフィギュアのサプライヤーです。
人気のフィギュアやプレイセットは50カ国以上で販売され、世界中の子どもたちに愛されています。
すべてのフィギュアは専門家の協力のもと開発し、細部へのこだわりを持って製作しています。
品揃えが拡大し販売数が増えた今でも、高い品質を徹底し、ひとつひとつを人の手で彩色しています。
引用元:シュライヒHP
ひとつひとつ手作業で着色されているのでクオリティが高い!
1体あたり¥1,000程度なので手軽に揃えることができます。
トイザらスからシマウマとキリンに来てもらいました。

となりにはガシャポン「ZooZooZoo」を置きました。
動物たちが寝ているフィギュアです。
今回のテーマに合っているので並べてみました。
間の抜けた感じがなんとも愛らしいです!

奥さんの「コンコンブル」のフィギュアを借りて置いてみました。
コンコンブルは雑貨屋で見かけることがある2等身の動物フィギュアです。
デフォルメされているのでファンシーな空間になりやすいアイテムですね。
実に可愛らしい!

動物が住む草原が完成


というわけで、動物たちが住みだして癒やされる空間に仕上がりました。
将来的には青空や夕焼けを演出するために背景を準備しても良いかもしれません。
こういう楽しいことは考えるだけでワクワクしますね(・ω・)

ちなみにトイレのドアの上にはピカチュウライトがあります。
これがまた楽しい空間を演出してくれます。
興味のある方は下リンクを参考にしてください。

【ピカチュウ ウォールライト】影のある生活には夢がある。


やっぱりインテリアを整えていくのは楽しい!
もっともっと家の中を楽しく演出していこうと思います。
今回もブログを読んでいただき、ありがとうございます。
Nashでした。