使ってみたい左官材料 珪藻土!ニーズに合った商品を選び!

インテリアのこと
こんにちはNashです。
住宅の購入を検討しています。
インテリアコーディネーターの勉強をしていたので、
採用できたらいいなと思っていることが色々あります。
その中のひとつが壁面を珪藻土にすること。

珪藻土ってなに?

珪藻は、ひとことで言うと植物プランクトンのことです。
珪藻の遺骸が泥粒子とともに沈殿し、海底や湖底に堆積して化石化したものが珪藻土です。
室内を珪藻土にすることで得られるメリットは以下の通り。
  • 吸放湿性(室内の湿度を快適に保ちます。)
  • 空気を浄化できる
  • 断熱性が高い
  • 耐火性もある
かなり優秀な部材だと思います!
天然素材であり、健康面からも注目をされています。
もし汚れてしまった場合は、消しゴムで消す。または、軽く削る。ということになります。

珪藻クロスはオススメできません!

一般的にはクロス(壁紙)を採用することが多いと思います。
コスト的にも安く抑えられて、模様や柄の選択肢も広い。
そのため珪藻土が高く見えてしまい、手を出しにくく感じることがあります。
そんな時に「珪藻クロス」という商品に目がいくことがあるかもしれません。
雰囲気だけを楽しむのならば選択肢としてはアリですが、性能は期待できません。
クロスにするにあたり紙に珪藻土は付かないので接着剤(バインダー)と混ぜます。
すると珪藻土の穴に接着剤が入り込んでしまうため、調湿性能および空気浄化性能は期待できません。
本当になんちゃって珪藻土なんです。

もし珪藻土を楽しみたいのならエコカラット

すでに壁紙が貼っているご家庭にとって、DIYで塗り壁なんてハードルが高いかもしれません。
そんなときはLIXIL「エコカラット」が良いと思います。
エコカラットには、珪藻土より高い調質性能、空気清浄性能を備えています。
日本の土壁を研究し、焼き物の技術を応用して開発されました。
壁前面に取り入れるも良し。絵画を飾るように採用するのもアリです。

エコカラット使用例 LIXILHPより

 カビが心配?それならケイソウくん!

 
Aさん
珪藻土はカビが生えやすい。
そういう意見がでてくるかもしれません。
珪藻土は湿度を吸ってくれるので、カビ発生を抑えるのでは?と思いますが、
水分を吸った分、放たなければいけないのです。
確かに室内は快適な湿度になると思いますが、珪藻土の中には水分が保たれたまま。
この状態であると、カビの発生は避けられなくなります。
こまめに換気をする!これが一番の対策です。
しかし、時代は進みカビが生えにくい商品が登場しています。
ここでは「ケイソウくん」をご紹介します。
珪藻土単体だと中性であるため、残念ながらカビが生えやすい。
しかし、ケイソウくんは珪藻土+漆喰であるためアルカリ性となっています。
そのため、カビに対する抵抗が高いんです。
現在、市場に出ている粗悪な珪藻土には防カビ剤が含有されていることがあります。
自然素材という看板を出しながら、化学薬剤の話が出るのは嫌ですね。
 ケイソウくんはそのような仕様ではないので安心して使える点も良いです。
いろいろ珪藻土について見てきました。
やはり高級感が有り、室内環境を整えてくれるので大変魅力的な材質です。
内壁は珪藻土…できたらいいな。そんなNashでした。
ではまた!