しあわせになる玄関のつくりかた 〜風水を起用して考える〜

インテリアのこと

先日、インテリアコーディネーター資格を取りました★彡
Nashです。
せっかく資格を取れたので、すこしインテリアについての記事を書いていきたいと思います。

今回は、玄関について考えたいと思います。
玄関!ってイマイチぴんと来ませんね。
まぁ靴がある程度置ければ良いんじゃね?って捉えがちですが、甘く考えないで頂きたい!
しあわせな家庭をつくるためには玄関の風水的環境を整えましょう!

まず玄関運気の入口です。
このフレーズを覚えてください。「玄関は運気の入り口」です。
道路から玄関ポーチを通って、幸運は家に舞い込んみます。
なので玄関は清潔感を保ち、ある程度広さが欲しいです。
具体的には1階面積の10%程度を玄関にすると良いです。

逆にも入ってきます。運気の入り口なので幸運も入ってくるのが玄関というもの。
狭い玄関だとすぐに厄がたまります。
ストレスをためた人が部屋に入ってくると、空気がピリピリしたり重くなったりしますね。
そういったを払う場所が玄関でもあります。
なので、入った瞬間に気持ちが整えられるような気分の良い玄関を目指しましょう!

玄関の素材

玄関の仕上げ材に自然石は控えてください。
特に黒御影石はNGです。墓石にも使われており「陰」の気が強いとされています。
レンガやタイルがおすすめです。
もし、どうしても自然石が使いたい!という話であれば丹波石や赤御影石を採用しましょう。
(ちなみに私はこれから建てる家に「谷口タイル ニューグランドフロア」を採用しました。)

ニューグランドフロア



玄関に配置するもの

玄関から入って左右のどちらかにを配置すると良いです。
左側は「金運」、右側は「名誉運」が向上します。
あ、ただし玄関を入って正面に置くのは避けてください。せっかく入ってきた運気が跳ね返ります。
それに家に入って鏡があったらギョッとすると思います。

玄関マットを敷けば、「陰」の気が入ってきたときに抑えることができます。
インテリアとしてバランスが取れるようであれば積極的に取り入れた方が良いです。

傘立ては絶対に用意しましょう。
絶対?と抵抗を感じるかもしれませんが、モノには専用の置き場やケースを準備した方が良いと考えます。
傘を下駄箱や壁に立てかけるのはNGです。
基本的に外に置くのが理想ですが、玄関に置く場合は清潔感を保つため定期的に陽の光に当ててくださいね。

Francfrancの傘立て
色んなデザインがあって楽しいですね

玄関のアイテムとして配置したいのが「今年の干支の置物」です。
その年の幸運を呼び寄せてくれるアイテムとされています。
コンコンブルなんかでは、可愛らしいモチーフが販売されています。

観葉植物を置くこともオススメです。
観葉植物には、「陰」「陽」に変える力があります。
「モンステラ」「ポトス」「ガジュマル」といった丸みに帯びた葉の植物が良いです。

ポトス 植物があるだけで印象ががらりと変わります。

逆にドライフラワーは控えましょう。
死んだ植物として、「陰」の気がでてしまいます。

そして、照明を明るくする。
昼間の太陽光と同じくらいの色温度5000K程度の「昼白色」LEDが主流です。
好みは出てくると思いますが、2700K程度の「白熱灯色」が良いと思います。
温かみのある雰囲気になって良いです。

証明の色温度で空間の印象ががらりと変わりますね。
家電Watchより

玄関の方角について

玄関の方角は「東」「東南」が良しとされています。
それは太陽のエネルギーを受けるためです。
少し風水の話になりますが、家は基本的に太陽の動きに合わせて建てたほうが良いとされています。
案外気づいていない方が多いのですが、人間は太陽の光を浴びない生活をすると元気がなくなってしまいます。
詳細は下の記事を見てみてください。

https://nashblog.xyz/life/nikkouyoku

同じくらい大切なことがあります。「風」です。
理想は家の中と外の空気状態が同じであること。
家の中の空気が汚れるという表現がありますが、衛生面だけでなく人間のネガティブな面を引き出します。
なので、窓を開けることで風の通り道を確保できるような間取りが良いです。


今回は玄関について考えてみました。
基本的にモノを少なく、スッキリとした印象を持たせるのが良い玄関づくりのコツです。
趣味のロードバイクやゴルフバックなど置きたくなる気持ちがあるかもしれません。
そのモノが置かれることで動線が確保できなくなるようであれば避けるのが無難かもしれませんね。
Nashでした。