空条承太郎の複製原画が届いたよ!ジョジョ展2018の受注限定品!

ホビーなもの
Nash
やれやれだぜ…
「ジョジョの奇妙な冒険」第三部主人公 空条承太郎のセリフです。
私、Nashは空条承太郎に憧れを抱いています。

空条承太郎は無敵である。
作者である荒木飛呂彦氏もそう語っています。
時にプッツンすることもありますが、常に冷静沈着な承太郎。
どんなトラブルにも動じない強い精神力を持つ。
弱いものに優しくジョースターの血が流れている。

こんな男になりたい!
こう思った読者も数多くいるはずです!
承太郎は最強のスタンド「スタープラチナ・ザ・ワールド」の本体でもあります。

しかし、第六部ストーンオーシャンにて彼は死亡します。
未だに認めたくない結末です…
他にいくらでも終着点はあったはずですが、これが結末です。

高価な複製原画…買って後悔はない!

2018年8月23日。私は荒木飛呂彦原画展に足を運びました。

【ジョジョ展 2018】荒木飛呂彦原画展レポート -冒険の波紋をヒシヒシと感じました-


そこで私は「『ジョジョの奇妙な冒険』高級複製原画 キービジュアル 東京」を購入しました。
価格は54,000円!
グッズのラインナップは事前に発表されていました。
価格が価格なので、すごく悩みました。
しかし、実際に会場で原画を見たときに即決しました。
ここでこれを買わないと後悔する!

そして届いた最高な承太郎

そして、2018年12月6日。
ついに注文した原画が届きました!

原画はB2サイズ(W605×H818mm)。
重さは3.3kgです。持ち上げたときにズッシリとしました。
これまでは安いポスターしか買ってなかったので、この重さがまた嬉しい。

封を開き、ご対面します!

感嘆のため息が漏れました…
荒木飛呂彦先生の作品が自分のものになるなんて…なんて幸せなんだろうと思いました。

複製原画を細かくチェック!

外観

フレームは白い木製で額装マットが付いています。
過去に販売された額装マットには「JOJO」と刻印が打たれていたようですが、今回は見当たりません。
絵の前面にはアクリルが敷かれています。
絵画の紙質はケント紙のような目の粗さがあります。

空条承太郎

承太郎の表情から冷静沈着な人間であることが伝わってきます。
この承太郎も「やれやれだぜ…」と思っているのでしょうか

承太郎のシャツの下には、ジョジョ特有のブロックのような筋肉が描かれています。

学ランの肩にはお馴染みのチェーンと星が付いています。
学ランの裏地はライムグリーンです。

ズボンの裾には5つの星(ヒトデではないよな?)が付いています。
ディオに破られたズボンが2万円なので、もっと高いかもしれません。



スタープラチナ

承太郎の学ランの影からスタープラチナが姿を現しています。
ポージングが次元の狭間から登場するヴァレンタイン大統領みたいだなと思いました。
スタープラチナの目には光が描かれていません。
石仮面のデザインが腕と肩にあしらわれています。

背景

背景は富士山とピンクの空。

2012年に開催されたジョジョ展でも承太郎とイギーの背景には富士山がありました。

同時期に販売された「JOJOmenon」でも承太郎とイギーの背景にオレンジ色の富士山がありました。

この「空条承太郎×富士山」の組み合わせは、荒木飛呂彦先生にとってベストマッチの組み合わせなのだと思います。


この空条承太郎を独り占めできるということ。
いつでも好きなときに最高にカッコいい承太郎と向き合うことができる。
私は最高の作品を手にしてしまいました。